「小沢総理」

1日の本会議における代表質問での小沢代表の演説は、「小沢総理」の風格を感じさせました。

麻生さんのやくざのようなケンカ腰は、もう野党の党首になったかのように写りました。

「終わっている」と感じたのは、私だけでなく、多くの議員も秘かにそう思ったのではないかと察します。

途中で、「小沢総理、いいぞ!」と合いの手を入れました。

全く違和感がありませんでした。

財源について、数字を入れて言及したことは、極めてよかったと思います。

麻生さんは、自分の経済対策について、財源を明示していません。

だのに民主党を批判する。

安倍さんも、福田さんも、自らのことを言及せず、民主党に責任をなすりつけて辞めました。

「責任政党」というのは、こんな日本に誰がした?という結果責任から逃げないことです。

麻生さんも、民主党が悪いと言って憚りませんが、こんな日本なったのは、自民党が政権を取っている間のことです。

それを人のせいにする麻生さん。

自民党は終わりつつある。

そう感じておられる方は、少ないのでしょうか?