白洲次郎展を見学

昨日の日曜日、神戸の大丸で白洲次郎展があるというので、どうしてもという衝動に駆られて見てきました。
私の博士号はアメリカのジョンズホプキンス大学からもらったもので、博士論文は、吉田茂についてでした。
白洲次郎さんは吉田茂さんと戦後の日本をつくった人なので、興味をもっていたのですが、昨日行って、展示物、説明等を読んでいると、何故か胸に込み上げるものを感じ、涙が出てきました。
アメリカのGHQとやり合った様子を思い浮かべると、「私もそうしそうだなあ。」と思ったりもしました。
これから、世界を変えなければいけない程の大変な時代になりつつあります。
白洲次郎さんを超えるつもりで頑張ろうと思いました。

ただ、白洲次郎さんは、ゴルフは「プレイファースト」(早くプレー)だったそうで、これも見習うことにしました。