中川、ツライよ!

中川昭一財務大臣が、イタリアでの記者会見で泥酔状態だった模様が全世界に流れた件は、大学時代からの友人の一人として、ツライです。
外務省時代、通産、大蔵、警察等々の役所の友人を集めて、中川との勉強会を主催していたこともありました。
本当にしっかりした男だし、考え方もキチンとしているのに、残念です。
麻生さんがもう実質的には終わっているわけですから、ひょっとしたら、短期間なりとも、中川の可能性もあったかもしれないのに、えらく高いものについたな、と思います。
「薬」とか言っているけれど、永田町では、政治家もメデイアの人たちも誰も信じていません。お酒であることは、誰も疑っていません。
酒に酔っぱらうということに対して、欧米は特に厳しいです。一人前の人間と見てくれません。日本でも、あの記者会見の模様を画面で見られた方は、ショックだと思います。
今回、百年に一度の危機と言いながら、その対応の直接の担当大臣という任務を負いながら、世界の経済閣僚、中央銀行総裁が集まる会議の後の記者会見であの状態は、ツラ過ぎます。
麻生内閣は実質的に終わっていますが、自民党政治終焉へのとどめの一発になってしまったのではないかと思うと、よりによって、中川がそんな役目を果たしてしまったことが、私には少々ツライです。
自民党は完全に終わりました。後は、下野を前提に、どれだけ負けを少なくできるかだけです。(それも大変難しいと思います。)