福島第一原発事故に関する賠償スキーム

政府で今、大急ぎで、原発事故による被災者の方々にどのようなスキームで国と東電で賠償を進めるかについて案をまとめているところで、党としても皆の考え方を吸収させてもらうために、PT(原発事故影響対策PT)の役員の方々に集まってもらって議論しました。
(下の写真)

被災者の方々に仮払い金なりを一刻でも早く出さねばならないこと、それに際して東電の責任論と国の責任論をどう整理するか、国策で原発を進めてきたことをどう位置付けるか、極めて時間が限られた中で(ゴールデンウィーク明け、例えば月曜とか火曜には何らかの案が必要)、政調のPTとして皆の意見を精一杯聞いてきます。