秘書ブログ(6/5)

秘書の高瀬です。秘書の仕事を始めて2ヶ月が過ぎました。レコードは回っていても、針を落とさなければ音が聞こえないのと同じで、周りの状況は目まぐるしく動いているのに、自分がどう動くべきかまだまだ最良の判断が下せない状況で、先輩方には迷惑かけてばかりです。日々勉強の毎日です。

「自分を変えることを出来る者が生き残る。」代議士が引用されたダーウィンの言葉を胸に頑張ります。

今日は、夢前町、旧神崎町、福崎町、市川町の世話役の方にお会いし、今後の後援会の予定について打ち合わせを致しました。会うなり、先般の内閣不信任決議案に関するいろいろなご意見を頂きました。菅総理、小沢さん、鳩山さんに関するご意見、管さんが辞任するとして後任は誰なんだというご質問、超党派でやるべき、政界再編をやるべきなど。皆様やはり政界の現状について、仰りたいことがたくさんあるようです。

右も左も分からない私ですが、震災や原発の対応が軌道に乗り切る前に不信任決議案を出した自民党に対しては、フラストレーションを感じました。民主党の代議士の秘書という立場を度外視して、一国民としてです。一国民の心を失わず、皆様のご意見を正確に代議士に伝えて、12区、日本が良い町、国になるよう頑張ります。

明日からは、後援会の新会長と同行し、各支部の会長さんを訪問します。私も担当区域を回らせて頂きます。どうか、宜しくお願い致します。