久しぶりに、本会議登壇

東日本大震災の復興のための特別委員会が昨日の本会議で設置が決まり、復興基本法について、本会議で代表質問に立てということで、久し振りに登壇しました。
政府案と自民党案との差は、復興庁を設置するかどうかと、復興債のようなものを発行することを明記するかどうかです。
復興庁について、私自身は設置した方がいいと思いますが、政府案では、新たな庁の設置には時間がかかるので、とりあえずは今の省庁体制のままで施策を実施し、やってみてもしどうしても復興庁が必要と判断されれば、設置するとなっています。
自民党案では初めから「復興再生院」の設置を明記しています。
両案の間に違いはありますが、心を尽くし、智恵を尽くして、一本の白い道を見つけられるよう頑張ります。(今日から本格的に始まる復興特別委員会において与党側の次席理事を命じられ、他党との協議を担当します。)
復興債のようなものをどうするかについても、協議をします。