パールハーバーの歴史の教訓

 北朝鮮の挑発的な動きが強まり、危機が増している。この状況について、1941年のパールハーバーに至る一連の経緯を、歴史の教訓として思い起こしてみることが重要であるように思う。

 当時、アメリカの議会は、日本に対して断固としてあたれば、日本は屈するという議論であった。(If we stand firm, Japan will back down.) そこでアメリカは日本に対して石油の禁輸を行ったり、アメリカにおける日本の資産を凍結したりして、日本に圧力をかけた。しかし、日本はそれで「屈した」かというと、真珠湾攻撃に打って出た。

 今、北朝鮮に対して、日米韓は圧力政策をとっているわけだが、1941年の真珠湾攻撃に至る経緯を「歴史の教訓」として頭の片隅に置いておく必要も有ると思う。

 外務副大臣を務めていた頃、詳しくは言えないが、私は北朝鮮について水面下でメッセージを発していた。圧力政策で拳を振り上げても、テーブルの下ではそっと手を差し出し、交渉の余地を感じさせておくことが外交では大事だと思う。外交がうまくいかなければ、軍人の仕事になってしまう。そうしないことが要諦だ。