野中さんの棚上げ論訪中、まずい

報道で、野中さんが訪中し、棚上げ論を中国側に言った由だが、外交的に極めてマズイ。

既に公開になった当時の極秘記録によれば、1972年の日中国交正常化の歳の田中角栄、周恩来会談の時には、周総理から、「尖閣諸島問題については、今回は話したくない。」という発言があったが、これは、棚上げ論ではない。

1978年に鄧小平が訪日した際に福田総理との会談記録によれば、鄧小平から「われわれの世代では知恵が足りなくて解決できないかもしれないが、次の世代は、われわれよりももっと知恵があり、この問題を解決できるだろう。この問題は大局から見ることが必要だ。」との発言に対して、福田総理は「鄧小平副総理閣下と、世界の問題、日中両国間の問題について率直に意見交換し合えて、非常に嬉しい。感謝する。」と述べた。鄧小平からの提案に対して、日本側(福田総理)は、コメントしていない(肯定していない)というのが、外交記録から明らかなことである。

即ち、1972年の田中・周会談でも、1978年の福田・鄧会談でも、棚上げ論が明示的に合意されたということはない。

それを踏まえてどうするかは、政権のトップの判断事項だ。野中さんは、既に政界を卒業されていることに加えて、1972年はもちろん、1978年時点でも、衆議院議員にまだなっていなかった。京都におられたはずだ。その方が、歴史の証人として云々というのは、違和感が強い。

今回の訪中時の発言は、安倍さんのオプションを狭めてしまったと思う。マズイ外交だ。