軍人の仕事にしてはいけない

 中国艦による自衛艦に対するレーダー照射は、一触即発の危機を伴う極めて危険な行為であり、中国に猛省も求める。
 その軍事的意味は、新聞等で解説されているのでここでは省くとして、一点だけ背景を読み解くとすれば、逆説的ではあるが、中国が安倍首相に対して、何故「対話」しようとしないのか?というフラストレーションではないか?
 私が外務副大臣の時に、目指したことは、中国との対話により事態をコントロール下に置くことであった。外交官で解決できなければ、軍人の仕事になってしまう、との思いからだ。
 先日、公明の山口代表が訪中、習近平さんとも会った際、おそらく、私が昨年タイヘイコクさんから伝えられた重要な提案と基本的には同じラインに沿って話しがされ、対話をしようという気持ちが伝えられ、これが安倍さんにも伝えられていると思う。中国側としては、何故安倍さんが反応しないのか、対話を拒否しているのか、との思いもあるのかもしれない。
 対話をしようというメッセージは日本側として出した方がよい。外交による対話で事態をコントロール下に置こうという発想が大前提であり、それができなければ軍人の仕事になってしまいかねない。軍人の仕事にしてはいけない。