「原発即ゼロ」論について

最終的にはゼロということについては、多くの国民が賛同するのではないか。私も賛成だ。
「核燃料サイクルが確立されてない以上、原発を続けることは「垂れ流し」であり、即ゼロにすべし」という小泉さんの発言については、その通りだと思う。
日本のイメージあるいは観光産業振興のためにも重要なテーマだ。
確かに今現実には原発ゼロの状態だ。
議論の前提としては、原発は悪玉論という「空気」に流されていないかを含め、総合的な検討をする必要がある。(廃止の後、原発で働く職員の雇用問題が有ることも確かだ。)全体のエネルギー計画を具体的数値とともに示すことが不可欠。
もし火力で代替するとなると、燃料コストとともにCO2削減目標との関係の問題が出てくる。
将来に向けて、自然の再生エネルギー(太陽、風、水、地熱、海流など)の活用について本気で取り組むべきだ。
それらについての科学的技術的情報を国民に提示して、もっと理解を求めることも大切だ。
政府は予算を自然の再生エネルギーの活用のための技術開発にさらに振り向け、例えば原発のシステムではない、新たなエネルギーシステムを生み出し、世界に輸出することによって、日本として新たな貢献が可能になるだろう。
蓄電池技術を政府がさらにバックアップして、発達させることによって将来、電気自動車の分野で日本が世界をリードすることにもつながるだろう。
(了)