補正予算案、個々の中身は問題有るけれど、、、、

 今日、本会議で補正予算が通過し、我々は自分たちの「組み替え動議」を出して、それに賛成、元々の案に反対という意思表示をしたけれど、昨年のちょうど今頃、当時の野田総理に、デフレ脱却プロジェクトのスタートなくして消費税アップなしということをコッソリ打ち合わせし、プロジェクトを準備して進めようと動いていた(これは、某大臣の馬鹿な反対でできなかった)ことと、その一環として、日銀法の改正まで視野に入れていただけに、今安倍さんがやっていることは、我々がやろうとしていたこと、という感覚が私には有り、反対には少々違和感が有った。

 確かに、補正予算案の個々の中身は、問題も有るので、民主党の組み替え動議のほうが筋は通っているのだが、私的にはどうもスッキリしない。
 
 ここは、心ならずも賛成ということも有り得たと思う。