アメリカの意図

 「リンパック」と呼ばれる、米海軍主催の環太平洋合同演習に、アメリカが中国を招待していたところ、中国がそれに応えて初参加することになったとの報道から、アメリカの意図がはっきり分かる。
 アメリカは中国と組もうとしていることを気づかねばならない。
 オバマ大統領は、イスラエルに行き、いろいろ和平に向けて話したという。
 これらから、アメリカとしては、アフガニスタン、イラク戦争により国力を異常に消耗してしまっており、戦争をする余力、気力は無く、経済的に活力あふれるアジア・太平洋に焦点を合わせて、アメリカ経済の立て直しを図ろうとしていることがはっきり見て取れる。
 TPPもその道具の一つだ。
 日本の中に、アメリカと組んで中国を叩くという発想の政治家がいるが、それは、アメリカの意図を見誤っている。