兵庫県漁業者決起大会

5月25日、「漁業の存続を図るための緊急政策実現を訴える」兵庫県漁業者決起大会にて連帯の挨拶を申し上げました。(淡路島にて)

選挙区である12区は海にも面していて、家島町の漁協(家島・坊勢)・岩見漁協・室津漁協・相生漁協・赤穂市漁協がありますが、多くの方々が参加されていました。

円安等で、燃料となる油が高騰して、漁業がやっていけなくなっているので、何とかして欲しいとの気持ちを受け止めました。

民主党政権で所得補償、セーフテイネット構築事業等を始めましたが、それでも足りないという訴えです。

何らかの緊急避難措置を考えてくれという趣旨でした。

漁業については、水産物の消費が20%も落ちるなどしており、経営の安定化のためにやらなければならないことは多く有ります。学校給食に魚を取り入れること等も大事だと思います。