2013年1月25日FAXだより(No.149)

 

149

 

山口つよしのFAXだより 2013.1.25 No.149

 

新しい年をいかがお過ごしでしょうか、お伺い申し上げます。

昨年末の総選挙は私にとって超逆風の中でしたが、皆様の大きなご支援を賜り、再び国会で仕事をさせて頂くことになりました。心から感謝申し上げます。(選挙直後のお礼文書は禁じられている為、このタイミングになってしまいましたことお許し下さい)

私自身としてはこの3年余り、外務副大臣として頑張った時も含め、誠実に的確に、そして一つひとつの仕事に全力投球で取り組ませて頂いたつもりですが、党全体に対する評価は極めて厳しく、厳しい選挙結果となりました。

野田総理(当時)には、消費税を上げねばならないとしても、その前に ①デフレ脱却プロジェクトをスタートさせ、②議員定数削減をし、③議員歳費カット、④公務員の人件費削減をやってから、と固く打ち合わせしながら、かつ私自身が①と②を現実に9割方進めていたにもかかわらず、最後は総理としての野田さんのリーダーシップが足りず、実現には至らなかったことが、正直本当に悔しいです。(③と④は法案を通しました)そうすれば党が割れることもなかったし、結果は全く異なっていたであろうと思います。

今回 私自身については再び国会に送って頂いたわけですし、文藝春秋の2月号では「人材」として挙げて頂いたわけですから、日本の国の立て直しの為に、更に頑張ろうと自らのエンジンを「ギアアップ」しています。第3の国難を乗り切る為に、自分がやらなければ誰がやる?という気持ちで取り組んでいます。

地元西播磨の為に、前回は台風9号についての激甚災害指定から始まり、大小取り組ませて頂きました。今回更に頑張ります。

未来を切り開くにあたり、一緒に頑張って頂ければ心強いです。

是非よろしくお願い申し上げます。

 

こつこつ とことん 山口つよし

 

P.S 例年の新年交礼会を、いつもどおりサンシャイン青山で 明日26日午後2時から(すみません 例年どおり1万円で)行わせて頂きます。