学生の皆さんにキャロライン・ケネディ大使の印象を聞きました

今日集まって頂いた学生の皆さんに、新しく赴任したアメリカのキャロライン・ケネディ大使についての印象を語ってもらいました。

総じて皆、ケネディ大使は今後の『日米関係のキーマン』になるだろうという印象のようでした。彼女はどのような役割を果たしていくのかについても語ってもらいました。

成田さん:

私は、彼女が赴任することについて、とてもポジティブな印象を持った。彼女は「友達」という言葉を多用するが、東アジアと日本の関係の中で、まさに「友達」を作りたいのだろう。この先、日本と東アジアの関係にアメリカが深く関わることが想定できそうだ。

李さん:

日本はアジアの入り口です。だから単に日本だけではなく、日本を通じてアジア全体に影響を与えたいとアメリカは考えていると思います。彼女が将来アメリカの大統領になるかも知れないなと、こっそり思っています。そうなれば初の女性大統領だし、同じ女性として応援したいです。

吉澤さん:

彼女が大使として頑張ることで、東アジアの現在複雑な関係がなめらかになればいいと思う。父のケネディ大統領がニューフロンティアを唱えたように、ケネディ大使は駐日大使としてアメリカにとっての新たなフロンティアを見つけることになるのかも知れない。TPPとかのいわゆる経済連携を通じて、アジア太平洋の共同体ができればそれも可能かも知れない。

小山田さん:

キャロライン・ケネディ大使を見て、イギリスのマーガレット・サッチャー首相を彷彿とさせる波動を感じる。日本のみではなく、東アジア全体に大きなインパクトを与えることを予感する。

荒井さん:

今後さらなる経済発展が見込まれるアジアに対して、日本のみならずアジア全体を含めて新たな繁栄の秩序をつくろうとしているのかも知れない。

小池さん:

あるニュースで、今回キャロライン・ケネディ氏の赴任は息子のジョン・シュロスバーグ氏が将来議員となるための布石ではないかと言っていました。ケネディ王朝という言葉もあります。母親が駐日大使として功績を残すことで、それを可能にしようとしているのでしょうか。彼女にはまだ必ずしも実績があるわけではありませんが、同じ女性として日米関係をより良いものにするために是非頑張ってほしいと思います。

 

I asked the students about their impressions on Ambassador Caroline Kennedy.

Generally speaking, students have the impression that she will be playing a pivotal role across the Pacific, including the Japan-US relations.

Ms. Narita:
I have a very positive impression about her coming to Japan as Ambassador.
Ambassador Kennedy often mentions the word ‘friend.’ I sense her wish to make as many friends as possible across the Pacific.
I am sure that Ambassador Kennedy will deepen the relations between the United States and East Asia including Japan.

Ms. Li:
Japan is the gateway to Asia.
Therefore, I think that it is the U.S. Government’ view to exert more influence on the whole Asia through Japan.
I personally wish that she will run for Presidency and hopefully become the first female President of the United States.
I give my wholehearted support to Ambassador Kennedy.

Ms. Yoshizawa:
I really hope that the somewhat complicated situations in East Asia would be smoothened through her work.
Her father, President Kennedy, advocated the New Frontier spirit. Likewise, Ambassador Kennedy as Ambassador to Japan may explore the new frontiers for the U.S. in East Asia.
It may eventually lead to the Asia Pacific Community.

Ms. Oyamada:
Ambassador Caroline Kennedy reminds me of British Prime Minister Margaret Thatcher. I certainly feel the same aura in her.
I have a hunch that she will give a huge impact not only on Japan but also on the whole East Asia.

Mr. Arai:
It may be the US Government’s vision to build the new order of prosperity in the Asia Pacific region including Japan which has the enormous potential for further economic development.

Ms. Koike:
Some media reported that there is a hidden agenda in her assignment to Japan as Ambassador, which is to help her son, Mr. John Schlossberg, to go into politics.
I have heard the word “Kennedy Dynasty.”
Her distinguished services as Ambassador here may actually make it happen.
Although she has yet to show her real caliber, I do wish her best, and I believe she can.