今、言葉に踊る「アベノミクス」

今、「アベノミクス」で日本が良くなるような「気分」になっていますが、本当なのか?と多くの方々に聞かれます。実際の経済の動きをみるとどうも半信半疑ではないでしょうか。
「インフレ・ターゲット2%」目指しての「量的金融緩和」と「大型補正予算」「成長戦略」をひとまとめに政府と日銀が異例の共同声明まで出しているのですが、実際のところはまだ「期待感」だけで証券会社が囃し立てるばかり、デフレ脱却できるのかどころか、また、世界各国から「為替を決めるのは市場ではないか」「日銀の独立性は?」「意図的円安か」など疑心を浴びせられています。何しろ連日テレビ報道を見ているとパフォーマンスばかりなので一体何が起こっているのかと目を見張るのですが良く見ると、来年度予算を前倒してかき集めて補正予算で緊急経済対策10兆円、税制もあの手この手の減税率をつなぎ合わせています。
政治が解決せねばならないはずの「財政再建」との両立をどうするのか?政府の長期債務940兆円はどうするのか、景気を良くして税収が増えるという単純な発想では足りないと思います。生活保護とか高齢者医療負担の圧縮とでは、少額であり、そうした小手先ででは本当はどうにもなりません。
一部の学者がいとも簡単におカネをどんどん流し込さえすればと主張し、それに乗って行くのは少し危うさを感じます。
旧い産業を整理しながら、新しい産業をどう育てるのかの戦略の具体像も必要でしょうし、世界のヒト、モノ、カネが日本を含めてグルグル回るようにするにはどうすればよいかの具体像も明示しなければなりません。
それを含めて、今、私はもっと全体像で自らの内に構築すべく、私の同志とともに始動しつつあります。