国際金融の覇権確立を狙う中国

今日の読売新聞一面に、「国際通貨『5大体制』」とある。

IMFが中国の人民元を国際通貨の一種「特別引き出し権(SDR)」を構成する通貨に加えることを決めたという。

この意味は極めて大きい。

戦後のドル基軸通貨体制(世界通貨をドルを基軸に)が揺らいでいると言われる。

次の国際通貨体制について、例えばSDRでいこうということを数年前に中国人民銀行の総裁が言っていたが、その当時は、SDRを構成するのは、ドル、ユーロ、ポンド、円であり、中国の元はバスケットに入っていなかった。

それが、今回、SDRを構成する通貨の中に、中国人民元が加わることになったことの意味は極めて大きい。

世銀・IMF体制と言われるのに対して、AIIBに加えて今晩人民元がSDRに加われば、中国は、国際金融の覇権に向けてまた一歩進んだことになる。

私は、究極の世界通貨体制は、ドル基軸通貨体制を超えた、世界レベルでの単一通貨だと思う。そうなれば、為替変動とか、全く心配しなくてもよくなり、グローバルな経済発展を支える新たなシステムになるだろう。

アメリカとの大変な葛藤があるだろうが、それが究極の形だと思われ、アメリカとの念入りな会話が重要だ。