「あおり運転罪」が道交法改正で新設

 2017年の東名高速でのあおり運転での死亡事故の報道により、あおり運転を防止せねばならないとの機運が一気に高まりましたが、道路交通法には、これまで「あおり運転」についての規定がありませんでした。

 そこで、私は、自民党の「交通安全対策特別委員会」の事務局長として、立法化による取り締まり強化の必要性を二階幹事長とも相談、幹事長は大事だからすぐ立法化の作業を始めろということで、作業に取りかかったという経緯が有ります。

 特別委員会では、警察庁、法務省、国土交通省等の幹部の方を交えて何度も議論を重ねた結果、先般6月2日の衆議院本会議で道路交通法が改正、「あおり運転」が新設された次第です。また6月5日には自動車運転処罰法が改正、「あおり停車」も厳罰化の対象になりました。これらが契機となって、「あおり運転」がなくなるように強く願います。


 警察庁としては、「あおり運転」の定義が難しいということで、当初は慎重でしたので、私としては、内閣提出の所謂閣法ではなく、議員立法で行かざるを得ないかもと覚悟しかけていましたが、あおり運転の規定について諸外国における例も多く有り、最終的には警察庁として、道路交通法の改正という形で「あおり運転」罪を新設することで対応してくれました。
 あおり運転罪が適用になると、即、免許取り消しになります。

 あおり運転の例としては、①前の車との車間距離を異常につめたり、②急ブレーキをかけて嫌がらせしたり、③急に車線変更して割り込んできたり等があたるでしょうが、この他にも、不必要なパッシング、執拗なクラクション、幅寄せや蛇行運転等があおり運転として認定される可能性があります。


 あおり運転の捜査で重要な証拠となるのはドライブレコーダーの映像なので、ドライブレコーダーの搭載が大事です。


今回、併せて、高齢運転者による事故防止のために一定の75歳以上のドライバーを対象に「運転技能検査」が導入されることになりました。


 また、自動ブレーキなどの安全装置を備えた「安全運転サポート車」(サポカー)に限った限定免許が新設されます。高齢ドライバーによる事故の防止と、高齢者の移動手段の確保を両立させようとの趣旨です。高齢ドライバーの方で免許証の自主返納で悩まれる方も多いと思いますので、このような限定免許の新設に至った次第です。


 これらは、世論の高まりが大きな後押しになりました。

 YouTubeに動画をアップしました。https://www.youtube.com/watch?v=_V10uSUBTUs&t=254s